Something went wrong, please contact us!

Your Cart

Subtotal:

ご注文で送料無料

ご注文で送料無料

葉巻を熟成させる方法やメリットを解説|nextCIGARの葉巻ブログ

Aging Cigars

経験豊かな葉巻好きの方には、よくエージングされた葉巻のおいしさが分かります。微妙の味や微妙なボディーは説明できない、決して忘れられない体験です。ワインと同じように、エージングは葉巻にとって大切なプロセスです。よくエージングされた葉巻はどう手に入れることができるのでしょうか?高いお金を払い、ヴィンテージの葉巻ボックスを買うこともできますが、節約して自分でエージングすることもできます。そのヒントをいくつかご紹介しましょう。

まず、葉巻をきちんとエージングしたいのなら、忍耐が必要です。味を良くし、熟成した香りと繊細さを実現させるには、約1年間エージングさせなければなりません。また、エージングを成功させるのなら、高級な葉巻が必要です。高級ではない葉巻をエージングさせても、味はあまりにも変わりません。匂いや味が強い高級な葉巻は、エージングにぴったりです。実際、ほとんど全ての高級な葉巻はエージングで、さらにおいしくできます。

葉巻をエージングするには、良質のヒュミドールが必要となります。葉巻を安定した環境で保管しなければなりません。70‐70のルールを守らなければなりません。つまり、湿度が70%、華氏 70度です。

もちろん、葉巻が保管される環境はとても重要です。湿度や温度は70‐70のルールに従ってください。高くなると、葉巻にカビが付く可能性が高く、低くなるとエージングのプロセスが止まってしまいます。安定した環境を保ち続けてください。安定していないと、葉巻が壊れる可能性が高くなります。温度と湿気の変化で葉巻が膨張、収縮を引き起こし、ラッパーの割れや、エージングを止めてしまいます。ヒュミドールの容量は、葉巻の約2倍の広さが最高の状態です。ライニングはシダーがぴったり‐シダーウッドには特別な香りと多くの油があります。時間がたつと、たばこの油とシダーの油の味が混ざり、エージングの特徴を持った味となります。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

日本語