エラーが発生しました。当社までご連絡ください!

あなたのカート

小計:

無料発送!

加湿すぎた葉巻を直す方法

スポンジのような加湿された葉巻が好きな人もいるかもしれませんが、加湿しすぎた葉巻は乾燥しすぎた葉巻と同様に美味しくはありません。葉巻の湿度が高すぎると、火を点けるのが難しくなり、外側が中よりも早く燃え、ラッパーが外れる可能性が高くなります。葉巻の完璧な湿度は70%RH(相対湿度)で、華氏 70 度です。加湿すぎた葉巻の直す方法をご紹介します。まずは原因を特定しましょう。

 

加湿しすぎた葉巻の原因

失敗して、ヒュミドールに水を入れすぎてしまい、湿度が高くなってしまうことがあります。他には、購入した葉巻が湿度の高い場所で保管されていたのかもしれません。一般的な原因を見てみましょう。

 

ヒュミドールの湿度が高すぎる

加湿器に水を入れすぎてしまうと葉巻を過度に加湿する可能性があります。この問題を回避する最善の方法は簡単です。まず湿度計を確認してください。湿度計が校正されていることを確認し、定期的にヒュミドールの湿度計をチェックしてください。最初の数日間が特に重要です。湿度が高くても下がらない場合は、加湿装置の説明書をご覧ください。

 

店舗のヒュミドールの湿度が高すぎた

湿りすぎた葉巻を購入した場合は、返品してください。評価の高い多くの高級リテーラーは湿度をきちんと管理しています。購入したばかりの葉巻が柔らかすぎたり、火が消えたりする時は販売店に返品するのがよいでしょう。

 

湿度が高すぎた葉巻を直す方法

まず、電子レンジは絶対に使わないでください。葉巻を電子レンジに入れると非常に膨張や収縮が起こり、構造が壊れてしまいます。部屋の湿度と温度の変化に徐々に合わせるためには時間が必要です。葉巻のバランスを取り戻すための最良の方法は次のとおりです。

 

加湿装置をヒュミドールから取り外す(一時的)

ヒュミドールの湿度が高すぎる場合は、1~2日間加湿装置を取り外してください。湿度計の表示を記録してください。湿度は徐々に減っていきます。湿度がかなり高い(80%RH以上の)場合は、ヒュミドールのふたを少し開け、1~2日開けたままにしておいてください。湿度はゆっくり下がっていくのが葉巻に望ましいので、全館に開けることはお勧めしません。ふたにペンや鉛筆をはさんで少しだけ開けてみましょう。湿度計が希望の湿度(68-70% RH)になれば、加湿装置をヒュミドールに戻してください。

 

葉巻を回転させます

ヒュミドールの葉巻を並べ替えると葉巻の湿度は安定します。加湿装置に最も近い葉巻を別の場所においてください。葉巻を上の棚から下の棚に、またはその逆に移してみましょう。

 

シダーウッドを追加

湿度を下げるの最も安全で簡単な方法は、ヒュミドールまたは葉巻を保管している場所にシダーのシートを入れることです。ほとんどの高級葉巻は、箱のなかにシダーウッドのシートがあります。箱を買ったときのシダーウッドのシートは役に立つので必ず保管してください。または販売員に聞いてみてください。シダーは湿度を湿度を自然に下げ、葉巻にとてもおいしいフレーバーを与えてくれます。シダーのシートはヒュミドールに入れたり、ジップロックにも入れることができます。

 

ドライボックス

葉巻をドライボックスするというのは、空の木製葉巻箱に一日から数日間葉巻を入れて、湿度が消えるまで待つことです。もちろん、カラの葉巻箱はヒュミドールの変わりになりませんが、湿度が高すぎた葉巻の保管には役に立ちます。多くの葉巻箱はシダーから作られたものなので、湿度は徐々に吸収されます。とても役に立つので、木製の葉巻箱をいくつか保管しておきましょう。湿度が高くなりすぎた葉巻を箱に入れて、密封しましょう。

 

一晩ヒュミドールから葉巻を出す

葉巻をヒュミドールから取り外して、一晩外に出しておくことは珍しくありません。そうすると湿度が下がり、火が点けやすくなって、よりおいしくなります。しかし、この方法はあまりお勧めできません。湿度の変化が急激なため、葉巻に悪い影響を与える可能性があります。しかし、葉巻の湿度が少し高すぎて、吸うのが待ちきれない場合は使える方法です。

 

 

コメントを書く

投稿したコメントは公開される前に承認が必要であることにご注意ください。