エラーが発生しました。当社までご連絡ください!

あなたのカート

小計:

無料発送!

葉巻が不均一に燃えれば、イラッとしてしまいます。問題のある葉巻を楽しむことはできません。美味しいそうな高い葉巻を購入しアロマを味わったあと、不均一に燃える葉巻を見れば悲しくなります。この不均一な燃え方には複数の原因が考えられます。構造に問題がある場合のほとんどは、解決できる問題です。葉巻の燃え方を安定させる次のヒントを是非お読みください。

 


葉巻を正しくカットする

葉巻を完璧に切ることがまず大切です。キャップの上で慎重に切りましょう。深く切ってしまうとラッパーが外れる可能性があります。カットだけで不均一に燃える問題を解決できるとは保証できませんが、きれいにカットすることは最も大切なステップの一つです。


 


葉巻を回転させて火を点ける

不均一な燃え方の多くは、不均一な点け方が原因です。炎が数センチ離れたところからゆっくり点けてください。強い高性能のトーチライターを近くから使うと葉巻にダメージを与えてしまいます。また火を点けるときは、葉巻ゆっくり回してください。この方法は「ターン&バーン」とも呼ばれています。


葉巻に火を点けるときは、約25%ずつ回し続けてください。葉巻に火が点いたら、先を確認してください。葉巻の足が赤またはオレンジ色になるはずです。そうではない場所がある場合、そこに火を点けてください。葉巻のたばこを均一に燃やすことが重要です。

 


きちんと修正する

プレミアム葉巻でも不均一な燃え方は珍しくもありません。良い構造の葉巻であれば、数分で自然に直ることがあります。しかし、不安定な燃え方が続くのであれば、ライターを使い問題のところを修正しなければ行けません。


不均一に燃えている箇所をやさしく灰皿に押すこともできます。圧力で内側の葉がゆるみ、空気がより流れやすくなり、葉巻の燃えが元に戻る可能性があります。


公共の場所や友人と一緒に喫煙している場合、不均一な燃えは恥ずかしいかもしれませんが、急いで修正すると、不均一に燃えている葉巻の部分全体を壊してしまうためお勧めできません。我慢して葉巻をゆっくり直してください。正確に直すべき場所を定めてください。

 


葉巻を同じペースで吸う

葉巻の一部がより早く燃えれば、不均一に燃え始めます。これは「カヌーイング」と呼ばれています。吸いすぎてしまうと、この状態がよりひどくなる可能性があります。不均一に燃えている場所に気を付けながら、ゆっくりとライターで修正してください。バインダーとフィラーたばこの量がきちんとされてない場合は、不均一に燃えることがあります。カヌーイングの葉巻を直せず、巻き方に問題があると思われる場合は、お店に返品することをお考えください。 


トンネリングは、バインダーが正しく燃焼していないときに起こります。その結果、ラッパーはフィラータバコと同じ速度で燃焼しません。フィラータバコは、バインダーとラッパーリーフよりも速く燃えて葉巻を通り抜けるトンネルを作るためこのように呼ばれています。十分な頻度で葉巻を吸わない場合も、トンネリングが発生する可能性があります。葉巻の端を再度点火してみてください。不適切な構造が原因でトンネリングが発生している場合は、小売店に返品することもできます。

 


葉巻を噛まない

葉巻を吸うときは、端を噛まないでください。噛んでしまうと葉巻のドローが不安定になり、気流が不均一になります。吸い込む時に均一に空気を通らせると、燃え方を簡単に均一にすることができます。



外出先で吸うときは、安全な場所で火を点ける

ゴルフコース、ビーチなど、外出先で葉巻を吸うのは最高です。しかし、葉巻に火を点けたり、灰を落とさないようにするのは難しいです。外で火を点けるときは、できるだけ風のない場所を探してください。ほとんどの人は葉巻を手を使って風が当たらないようにしています。安定した火にするには正しい点け方が重要です。風があまり吹いていないときに火を点けてください。

 


葉巻を灰皿に押し付けない

プレミアム葉巻の灰は、数センチまで長くなっても落ちないのが一般的です。これは葉巻が高級である証拠です。しかし、灰を落としたいときに灰皿に押し付けることはしないでください。ラッパーにダメージを与えてしまい、葉巻の構造が弱くなる可能性があります。そうなると吸い方は難しくなります。灰はいつもやさしくそっと落としてください。

 


完璧な湿度で保管

湿った葉巻は均一に燃えません。葉巻はスポンジのように、多くの湿気を吸い込みます。ヒュミドールの湿度をいつも確認してください。ほとんどの気候では70%の湿度が最適です。湿度が高ければ高いほど良いとは限りません。葉巻を過度に加湿することは、乾燥させるのと同様良くありません。ヒュミドールに湿度が高すぎた場合、加湿器を数日間外に置き、ヒュミドールの蓋を少し上げたままにし、湿度が徐々に外に出るようにしましょう。

コメントを書く

投稿したコメントは公開される前に承認が必要であることにご注意ください。