エラーが発生しました。当社までご連絡ください!

あなたのカート

小計:

Due to the substantial cancellation of flights by airlines, all airmail services to Australia, Canada and Mexico will be suspended until further notice.

ご注文で送料無料

Due to the substantial cancellation of flights by airlines, all airmail services to Australia, Canada and Mexico will be suspended until further notice.

ご注文で送料無料

葉巻をヒュミドールに正しく入れる方法

葉巻をヒュミドールに正しく入れる方法

葉巻は投資のようです。保管方法とケアで葉巻を最高の状態に守らなければいけません。葉巻をどのようにヒュミドールで保管するべきかを知りたい方は、ぜひ以下の記事をお読みくだだい。

色んな種類の葉巻を一緒に保管してもいいですか?

もちろん、様々なタイプの葉巻を一緒に保管しても問題ありません。 強い葉巻を弱い葉巻とは別に保管している人もいます。葉巻はスポンジのようなので、隣の葉巻の味やフレーバーなどを吸収します。ヒュミドールにトレーやディバイダーなどがあれば簡単に葉巻を分けて保管できます。または、ラッパーのタイプや生産国で分けることもできます。



フレーバー付きの葉巻をヒュミドールに保管しないように

 よくフレーバー付きの葉巻を吸う方以外は、このような葉巻をヒュミドールに入れないでください。フレーバー付きの葉巻はすべて他の葉巻と別に保管するのがおススメです。フレーバー葉巻は色んな油があるので、通常の葉巻に短期間でも影響します。たった1本のフレーバー付き葉巻でもヒュミドール全体の葉巻に影響する可能性があるのでご注意ください。それだけではなく、ヒュミドールと加湿器にもその匂いが入り、しばらくフレーバー付葉巻の味が残ります。フレーバー付き葉巻をジップロックに入れ、加湿ポーチと一緒に保管しましょう。

セロファン付き、それともセロファン無し? 

一般的にはセロファンを外す方がお勧めです。自然の味とフレーバーは、時間とともに進化します。セロファンを外すと葉巻の熟成が始まり、葉巻に入っている油が混ざります。もちろん、旅行の予定の方はセロファンのままの方が良いでしょう。 



葉巻を回転させる

葉巻の保管方法にかかわらず、1〜2週間に一度は場所を変えてください。葉巻はいつも加湿器の近くだと良くないので、下側の葉巻を上側の葉巻と交換しましょう。

ヒュミドールをいっぱいにしない 

どのような種類のヒュミドールでも約20〜25%のスペースを空けておきましょう。これにより湿度と空気循環がさらに良くなります。

 

 

コメントを書く

投稿したコメントは公開される前に承認が必要であることにご注意ください。