エラーが発生しました。当社までご連絡ください!

あなたのカート

小計:

無料発送!

葉巻をセロファンで保管するのは正しい?正しくない?

セロファンを付けるかどうかの質問は、葉巻愛好家たちによくある質問です。もちろん個人的に決めることですが、なぜ葉巻がセロファンで包まれているかの理由を見てみましょう。

セロファンとは?

セロファンはセルロースから薄い透明なシートに製造されます。セルロースはコットン、木材、麻などの植物から作られます。セロファンはプラスチックに似ていますが、プラスチックではありません。

セロファンは油、汚れ、水、ばい菌から表面を守ります。水蒸気はセロファンに入る可能性があるため、葉巻の包装にピッタリな素材です。セロファンは食品パッケージで使われ、生分解性です。

セロファンは1900年初頭にスイスのジャック・E・ブランデンベルガーによって開発されました。彼はレストランでテーブルクロスにワインがこぼれたのを見て、防水コーティングを作ることを考え始めました。10年以上研究を行い、最終的にはフィルムにグリセリンを加えると劇的に柔らかくなり、新しいセロファンという素材ができました。1912年には「cellulose」と「diaphane」を組み合わせてセロファンと正式に名付けました。


葉巻におけるセロファンの利点


店頭では葉巻の自然なラッパーがセロファンスリーブで見えないかもしれませんが、セロファンは葉巻を出荷し販売する際に様々な利点があります。

葉巻の箱が落ちた場合も、セロファンスリーブが衝撃をやわらげ、ラッパーを守ります。さらに、お客様が葉巻を不適切に取り扱うとキズが付く可能性が高いですが、セロファンスリーブがあれば汚れとキズから守ることができます。ずっと触られていた葉巻を口に入れたい人はいないでしょう。つまり、セロファンはお客様からのバリアとして働きます。

セロファンは葉巻店で他にも役に立っています。最も大きな利点の一つはバーコードです。セロファンスリーブの場合、簡単にバーコードを付けることができ、製品識別、在庫管理、注文などに非常に便利です。バーコードをコンピューターでスキャンすると手でするよりも早くて便利です。

ある葉巻メーカーは、セロファンの代わりに特別なティッシュ又はライスペーパで包みます。このようにするとラッパーがきれいに見えつつ、バーコードと管理が簡単にできます。

セロファンをつけたままだと、熟成も安定します。葉巻愛好家の中にこれを好む人もいますが、好きではない人もいます。ブレンドや好みに依ります。セロファンを長期間保管すると色が黄色に変わります。これは熟成の指標になります。


セロファンを付けておくべきですか?

セロファンには微細な穴があるため、湿気が葉巻に入ります。しかしセロファンがない葉巻と比べ、葉巻に入る湿気は少なくなります。

一般的には、葉巻を数ヶ月以上保管する場合は、セロファン外す方がいいでしょう。葉巻をセロファンから取り出すと、熟成が加速され、葉巻がヒュミドールのアロマとオイルを吸収します。同様の理由で、アルミニウム、ガラス、木製のチューブに入っている葉巻も出すことをお勧めします。

より安定した味が好きな方は、セロファンを付けたままでもOKです。葉巻を短期間保管したり、旅行に持っていくのなら、セロファンを付けておいた方がいいかもしれません。葉巻のラッパーは敏感なので、ポケットに入れたとしても、セロファンがあれば葉巻を守ってくれます。葉巻をヒュミドールに入れたいときは、セロファンを簡単に外せます。セロファンスリーブは再利用できるので、旅行などのときも戻して使えます。


セロファンで葉巻の味は変わりますか?

はい。しかし短期間であればわずかです。長期間だと葉巻の味は劇的に変わります。好きな葉巻を数本選び、数か月セロファンで熟成し、数本はセロファンなしで熟成してみてください。これによりご自身の好みが分かるでしょう。

コメントを書く

投稿したコメントは公開される前に承認が必要であることにご注意ください。