Something went wrong, please contact us!

Your Cart

Subtotal:

ご注文で送料無料

ご注文で送料無料

葉巻にカビが生えてしまう理由と5つの対処法を紹介|nextCIGARの葉巻ブログ

大切な機会に大切な葉巻をいざ吸おうとしたとき、何だか葉巻がおかしく感じることがあると思います。ヒュミドールに入れたときと違った感じがして、よく見ると葉巻の上に何か付いているようです。これは普通なのでしょうか?それは何が付いているかによって異なります。

Mouldy Cigars

葉巻のブルームはOKです

ブルーム(プルームとも呼ばれる)は、ホワイトまたはグレー色の、葉巻に入っている葉から出てきた天然オイルです。ブルームは通常葉巻の上に白い斑点として現れます。ブルームがあれば、葉巻がきちんと保管されているという意味です。ブルームは葉巻の表面から簡単に払うことができ、葉巻の火をつける場所にはできません。

Aged cigars

葉巻のカビはどのように見えますか?

葉巻のカビは、ヒュミドールや葉巻コレクションに大きな影響を与えます。青緑色でコケのような感じがし、かび臭いです。葉巻を定期的にチェックしていれば、カビが拡散する前に対策を取ることができます。カビはどこにでも現れる可能性があります。火をつける場所に何かあれば、カビの可能性が高いです。カビがある葉巻を見つけたら、すぐにヒュミドールから取り出してください。カビが付いた葉巻の隣の葉巻も取り除くこともお勧めします。カビがヒュミドールの中に残っていないかどうかをしっかりと確認してください。他にもカビが付いた葉巻があれば、すぐに捨てましょう。

Mouldy cigar

葉巻にカビができる理由は?

カビの発生には様々な理由があります。最も一般的なのは、湿度が高すぎたか、蒸留水をヒュミドールで使用しなかった場合です。葉巻は70%RH(相対湿度)で保管されなければなりません。70%RH以上の湿度であれば、カビができる可能性が高くなります。65~70RHの間での保管がおすすめです。これによりカビができる可能性が低くなります。

葉巻のカビを防ぐ方法

それでは、カビを防ぐヒントをお教えします。ヒュミドールのお手入れはお家の植物の水やりよりも簡単ですが、気を付けなければなりません。

デジタル湿度計を使用

完璧な湿度にするには、ハイクオリティーの湿度計が必要になります。デジタル湿度計はアナログ湿度計よりも正確です。デジタル湿度計は通常ボタン電池を使い、とても正確に読み取りができます。購入時に、ヒュミドールにアナログ湿度計が付属していても、デジタル湿度計を購入しましょう。湿度レベルを完璧に管理できれば、カビを防ぐことが簡単になります。

Humidor hydrometer

ヒュミドールには蒸留水のみお使いください

より重要なことは、ヒュミドールでは蒸留水またはプロピレングリコールを使用することです。水道水やボトル入り飲料水を使うと、ヒュミドールはとてもひどい状態になってしまいます。蒸留水を使えば、カビ発生を大幅に減らすことができます。蒸留水やプロピレングリコールの代わりに、加湿ポーチを使うことも可能です。このポーチなら水の入れ替えが必要ありません。必要なポーチの数をヒュミドールに入れて、固くなってきたら新しいポーチに入れ替えてください。(ポーチが固くなれば水分がなくなったという意味です)

葉巻を置き換えましょう

同じ葉巻ばかり加湿されないよう、月に1~2回ほど葉巻を置き換えましょう。上の段の葉巻を下に置いたり、下の段のものを上に置いたりして動かしてください。葉巻コレクションを定期的に管理することができ、カビができたらすぐに気付くことができます。

ヒュミドールに葉巻を入れすぎてはいけません

空気や水分が自由に流れるようヒュミドールの中には約20~25%のスペースを空けて、余裕をもって置くようにしてください。ご自身のコレクションでヒュミドールを埋め尽くすことがないようにしなければなりません。

Humidor

信頼できるお店から葉巻を購入しましょう

旅行先で見つけた葉巻販売店で葉巻を買うのは一般的に良くありません。信頼できるお店やオンラインショップで葉巻を購入しましょう。しっかり管理されていない葉巻店で購入すると、カビが付いていたり、質が悪く、ちゃんと燃えない葉巻を買ってしまう可能性が高くなります。

カビが付いた葉巻を吸っても大丈夫ですか?

カビが付いた葉巻を吸うのは良くありません。無害のカビもありますが、有害なカビが多く、葉巻に利点はありません。お気に入りの葉巻や、長い時間熟成させた葉巻にカビが付いてしまったら、捨てるのがおすすめです。イソプロピルアルコールを使って、カビを取ることを勧める専門家もいますが、一般にはカビが付いた葉巻は捨てるのが最善でしょう。

ヒュミドールの中にカビが発生してしまったら、イソプロピルアルコールでヒュミドールを拭き、しばらくの時間ヒュミドールを加湿させてください(葉巻はまだ入れないでください)。カビが見えるようになるまで時間がかかるので、すぐに新しい葉巻を入れてしまうと、カビが再び発生し高価な葉巻に付く可能性があるので気を付けてください。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

日本語