エラーが発生しました。当社までご連絡ください!

あなたのカート

小計:

無料発送!

バレルエージングタバコとは?

当社の経験から知っていることの 1 つは、すべての葉巻メーカーには独自のやり方があるということです。これは、葉巻に使用されるタバコの熟成にも当てはまります。最近人気を集めている方法で、バレルエージング(樽熟成)という方法があります。タバコの樽熟成とは一体なんでしょうか?さて、答えは質問の中にあります。樽熟成とは、タバコの葉をワインやバーボンやラム酒などの蒸留酒に使用していた樽に入れることです。一部の葉巻メーカーは、ラッパーの葉のみを樽で熟成させ、他のメーカーはバインダーまたはフィラーのみを熟成させています。これは、タバコが最初の熟成段階を経た後に行い、非常に有名な葉巻の場合はタバコの 3 回目の熟成となります。

 

熟成

つまり、タバコが葉巻に巻かれる前に、葉は熟成されます。簡単に言えば年をとったということです。このプロセスは、主に熱と時間を利用し、タバコから不純物を取り除くために使用されます。また糖度も上がります。最高 35℃で、5 か月から 1 年間たばこを樽に入れることで、柔らかくなります。この間、すべての葉が安定して熟成できるよう樽の中で回されます。

 

 

バレルを燃やす

バレルエージングをさらに促進する方法があります。不純物をよりたくさん取り出すため、タルの内部を火で燃やします。燃えた木から炭ができ、フィルターの役割になります。

 

フレーバー

上で述べたよう、バレルは不純物を取り除くために使用されます。バレルは、バーボンやラムのフレーバーをあまりタバコに移しません。タバコがバレルに残っていた液体と混ざり合う可能性があうことによってタバコの風味が変わる可能性がありますが、通常はあまり変わりません。

 

 

キューバ

葉巻業界でよく起こるように、樽熟成はキューバで始まり、1980 年代にさらに広く活性化されました。樽熟成はキューバで最も有名な葉巻ブランド、コイーバで利用されています。他のキューバ葉巻は、 2 回の熟成をしますが、コイーバはオーク樽で 3 分の 1 の熟成を行います。これが有用または有益であるとは分かっていません。3 回目の熟成で葉から不純物が取り除かれ、風味がより良くなると信じている人が多くいます。第三段階は必要ないと考える人もいます。それでも、コイーバは樽熟成タバコを使用した最高の葉巻の 1 つです。

コメントを書く

投稿したコメントは公開される前に承認が必要であることにご注意ください。