エラーが発生しました。当社までご連絡ください!

あなたのカート

小計:

無料発送!

葉巻を吸っているときにすべきではないこと

葉巻を吸っているとき、車にガソリンを入れたり、赤ちゃんを抱くのは当然してはいけないというのは常識ですが、葉巻を吸い始めたばかりの方が時々しているミスがあります。プレミアム葉巻は高級なので、喫煙のエチケットに従うことが大切です。間違った方法で火を点けたり、葉巻を切ったりしては、せっかくの美味しい葉巻がもったいないです。葉巻を吸うときに気を付けるべきポイントを是非ご覧ください。


次のことはしないでください:

1:葉巻を深く切りすぎない

葉巻のヘッドにキャップが付けられた線が見えます。その線は「ショルダー」と呼ばれます。いつもショルダーの上を切ってください。ショルダーより下で切ってしまうとキャップが切れてしまい、葉巻のラッパーが吸っている途中で外れる可能性があります。また、たばこが口に入ってしまう可能性もあります。最初のカットはいつも薄くなるように心掛けましょう。吸っていて、まだピッタリではないと感じた場合は、もう少し切ることもできます。

 

2:近くから火を点けない

強いトリプルフレームのハイパフォーマンストーチライターで葉巻を燃やすとカッコよく見えますが、実際は良くありません。葉巻にブタンの味がついてしまい、焦げたたばこの匂いがします。葉巻には正しく火を点けてください。まずは葉巻の足からライターを数センチ離し、回しながら火を付けてください。回しながら吸い、ゆっくりと火を点けてください。強いライターではなく、忍耐強く火を点けることが大切です。

 

3:低品質のブタンガスをシガーライターに使わない

葉巻に火をつける最も良い方法は、ブタンライターまたはマッチです。Zippoのような液体燃料を使うライターを使わないでください。葉巻は吸収するものなので、ライターが味に影響します。良いブタンライターは、少なくとも3回精製されています。つまり、ブタンにある不要な不純物が取り除かれているため、ライターが葉巻の味に影響を及ぼさず、きれいな炎が出ます。このような高級ガスを使えば、ライターはより長持ちします。   

 

4:早く吸わない

葉巻を早く吸いすぎると葉巻が熱くなり、苦く感じます。葉巻を吸う間隔は少なくとも約30秒開けましょう。そうすれば、葉巻はよりバランスがとれ、安定します。また、熱に圧倒されないため、味がよりおいしく感じられます。

 

5:喫煙中に吸いこまない

葉巻の最も大切なルールは、吸いこまないことです。プレミアム葉巻は、ロングフィラーたばこでできており、アロマとテイストを楽しむために作られています。吸ってしまうと、ニコチンが過剰に体内に入り、気分が悪くなったり、めまいを起こす可能性もあります。葉巻を吸うときに口に煙が入りますが、吸いこむことはしないでください。

 

6:葉巻を灰皿に押しつぶさない

葉巻を灰皿で押しつぶさないでください。高級な葉巻は自然に燃えつきます。高級葉巻のたばこは、加湿されているので、吸い終わると数分で消えます。葉巻を灰皿に押しつぶすとカビのような臭いがする可能性があります。

 

7:吸いかけの葉巻をヒュミドールに保管しない

おいしい葉巻を吸い終わらせる時間がなく、捨ててしまうのは誰でも嫌ですよね。吸いかけの葉巻の保管方法についてお話しましょう。このような葉巻をヒュミドールに入れてはいけません。吸いかけの葉巻は焦げた匂いがするため、ヒュミドールに香りがついてしまう可能性が高いです。ジャケットのポケット、カバン、車のグローブボックス、奥様のカバンなどに入れても同じようになってしまいます。葉巻をジップロックに入れて密封し、安全な場所に置いておくのが一番良い保存方法です。

 

 

8:冷蔵庫で保管しない

もう一つのよくある間違いは、葉巻を冷蔵庫に入れても大丈夫だと思われていることです。葉巻は21℃、70%の湿度で保管されるべきものです。家の冷蔵庫は冷たく、湿度が非常に低いため葉巻は乾燥してしまいます。乾燥すると風味を失います。

新鮮に保つには、冷蔵庫に入れてはいけません。しかし、例外が一つあります。葉巻に虫ができた場合は冷蔵庫に入れてください。残念ですが温度と湿度の条件がちょうどよければ、虫が発生することがあります。その場合は葉巻を一時的に冷蔵庫に入れて、虫を殺してください。そのときも冷蔵庫には数日間だけ入れてください。長期間、冷蔵庫で保存するると葉巻によくありません。


9:ヒュミドールの代わりにシガーボックスを使わない

経験がまだ少ない葉巻愛好家によくあることですが、パッケージされていたシガーボックスで葉巻を保管しておくことが良いと思われがちです。しかしこれは間違いです。葉巻には、適切な湿度が必要です。シガーボックスは木材で作られていますが、ヒュミドールではありません。しっかり閉じられておらず、加湿器もなくため、70%の湿度を維持することはできません。あるメーカーは、葉巻にBovedaポーチを付けていますが、一時的な加湿のためのソリューションなので、新鮮さを維持することはできません。シガーボックスがプラスチックでラップされていても、購入してから数日または1週間以内にヒュミドールに入れなければ、葉巻は徐々に乾燥していきます。

 

1 件のコメント

  • It was good information.

    baejunseok

コメントを書く

投稿したコメントは公開される前に承認が必要であることにご注意ください。